ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

病院指標(DPC指標)について

平成28年度 市立稚内病院 病院指標

厚生労働省より提示されている医療機関ホームページガイドラインを遵守しております。
医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

1. 年齢階級別退院患者数
2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
5. 脳梗塞のICD10別患者数等
6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
 
1. 年齢階級別退院患者数  <ファイルをダウンロード>
年齢 10歳
未満
10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90歳
以上
人数 620 95 92 164 180 229 565 701 736 254
平成28年度に当院を退院された患者様の年齢を10歳毎に集計しております。
幅広い年齢層の患者さまが入院されていますが、当院で最も退院患者数が多かった年代は80歳代で、全体の20%を占めております。次いで70歳代が全体の19%を占めております。
 
2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)  <ファイルをダウンロード>
<内科>
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 67 21.81 17.95 0.22% 84.04
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 副傷病なし 62 14.56 11.06 0.16% 77.58
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 55 20.24 12.43 0.13% 85.85
0400801499X002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし A-DROP スコア2 41 19.17 15.29 0.19% 84.27
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 41 30.68 21.25 0.06% 82.32
内科退院患者で最も多かった病名は心不全です。
心不全の平均年齢は84.04歳となっており、高齢者の入院が多くなっております。


<小児科>
DPCコード DPC名称
者数
平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
140010X199X00X 妊娠期間短縮、低出産体重に関連
する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし
 
163 7.16 6.18 0.00% 0.80
040070XXXXX0XX インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 73 4.44 6.09 0.00% 2.36
0400801199X00X 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 55 4.73 5.79 0.00% 4.65
040090XXXXXX0X 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 54 4.33 6.02 0.00% 2.19
040100XXXXX00X 喘息 手術・処置等2 なし 副傷病なし 43 4.47 6.42 0.00% 3.42
小児科退院患者で最も多かった病名は妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害です。
このDPCコードは、新生児が分娩時の合併症や低出産体重などにより入院となった際に付与されるコードです。平均在院日数は7.16日となっております。

小児科では、上位5件中4件が呼吸器の疾患となっております。


<外科>
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
060210XX99000X ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 11 11.00 9.08 0.00% 73.00
060330XX02XXXX 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 10 8.10 6.82 0.00% 73.30
060150XX99XX0X 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 10 7.10 6.91 0.00% 39.40
060035XX01000X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - 15.92 - -
060035XX99X60X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 副傷病なし - - 4.48 - -
外科退院患者で最も多かった病名は腸閉塞です。
件数が10件未満の場合は各項目ハイフン(-)で表示しています。


<整形外科>
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 74 41.74 27.63 0.38% 83.95
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 36 31.03 20.57 0.16% 77.22
160760XX97XX0X 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 26 12.23 5.49 0.00% 60.19
160800XX97XXXX 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり 22 29.73 20.64 0.03% 78.55
160850XX97XX0X 足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術あり 副傷病なし 15 15.93 9.86 0.00% 46.33
整形外科退院患者で最も多かった病名は股関節大腿近位骨折です。
平均年齢が83.95歳と高齢者の入院が多くなっております。
当院の平均在院日数は41.74日で、全国の平均より14.11日長くなっております。


<産婦人科>
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
120140XXXXXXXX 流産  36 1.47 2.43 0.00% 35.08
120170XX99X0XX 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 32 15.47 20.79 0.09% 28.53
120010XX99X40X 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 21 2.43 4.84 0.00% 58.52
12002XXX99X40X 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 18 2.67 5.12 0.00% 60.78
060030XX97X30X 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 3あり 副傷病なし 12 2.50 18.49 0.00% 73.00
産婦人科退院患者で最も多かった病名は流産です。
当院の平均在院日数は1.47日と全国平均より0.96日短くなっております。


<皮膚科>
DPCコード DPC名称
者数
平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
080011XX99XXXX 急性膿皮症 手術なし 16 9.31 11.97 0.00% 62.13
080020XXXXXXXX 帯状疱疹 - - 8.96 - -
080090XXXXXXXX 紅斑症 - - 10.37 - -
080011XX970XXX 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1 なし - - 18.22 - -
080190XXXXXXXX 脱毛症 - - 3.72 - -
皮膚科退院患者で最も多かった病名は急性膿皮症です。
当院の平均在院日数は9.31日と全国平均より2.66日短くなっております。
件数が10件未満の場合は各項目ハイフン(-)で表示しています。


 
3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数  <ファイルをダウンロード>
Stage 再発 病期分類基準(※) 版数
不明
胃癌 - - - - 34 16 1 7
大腸癌 - 11 14 25 13 44 1 7
乳癌 - - - - 11 - 1 7
肺癌 - - - - 37 21 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
 ※1:UICC TNM分類、2:癌取扱い規約
 
初発の5大癌(胃・大腸・乳・肺・肝)のUICC病期分類別の退院患者の集計です。
当院で最も多いのが大腸癌で、再発も多くなっております。
件数が10件未満の項目はハイフン(-)で表示しています。
 
4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等  <ファイルをダウンロード>
患者数 平均在院日数 平均年齢
(自院)
軽症 13 12.50 50.31
中等症 90 13.00 80.37
重症 24 25.20 88.13
超重症 20 15.40 82.30
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の生活を送っている中で罹患した肺炎のことを言います。
※重症度分類はA-DROP スコアを用い、軽症~超重症の4段階に分けられます。

A-DROPスコア
 Age(年齢) 男性70 歳以上、女性75 歳以上
 Dehydration(脱水) BUN 21mg/dL 以上または脱水あり
 Respiration SpO2<=90%(PaO2 60Torr 以下)
 Orientation(意識障害) 意識障害あり
 Pressure(収縮期血圧) 収縮期血圧90 mmHg 以下
上記に当てはまるものがあれば、1項目1点となります。(5点満点)

重症度分類 
 軽症:0点の場合。
 中等症:1~2点の場合。
 重症:3点の場合。
 超重症:4~5点の場合。ただし、ショックがあれば1 項目のみでも超重症とする。
 不明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合。

当院で最も人数が多かったのは中等症で、平均在院日数は13.00日、平均年齢が80.37歳となっています。


 
5. 脳梗塞のICD10別患者数等  <ファイルをダウンロード>
ICD10 発症日から 患者数 平均在院
日数
平均年齢 転院率
傷病名
G45$ 3日以内 - - - -
一過性脳虚血発作及び関連症候群 その他 - - - -
G46$ 3日以内 - - - -
脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 その他 - - - -
I63$ 3日以内 - - - -
脳梗塞 その他 - - - -
I65$ 4日以内 - - - -
脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
その他 - - - -
I66$ 3日以内 - - - -
脳動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
その他 - - - -
I675 3日以内 - - - -
もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> その他 - - - -
I679 3日以内 - - - -
脳血管疾患,詳細不明 その他 - - - -
当院で該当する症例がない場合、もしくは件数が10件未満の場合はハイフン(-)で表示しています。

 
6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) <ファイルをダウンロード>
<内科>
Kコード 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均年齢
名称
K7211 130 2.20 2.70 0.00% 67.60
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2センチメートル未満)
K688 71 5.50 15.20 9.90% 78.70
内視鏡的胆道ステント留置術
K7212 47 3.20 3.30 0.00% 70.20
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2センチメートル以上)
K654 22 3.40 11.30 4.50% 74.90
内視鏡的消化管止血術
K6871 17 8.50 20.30 11.80% 74.90
内視鏡的乳頭切開術
(乳頭括約筋切開のみのもの)
内科で最も件数の多かった手術は 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)です。
上位5件とも内視鏡を用いた手術となっております。


<外科>
Kコード 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均年齢
名称
K634 17 1.90 4.90 0.00% 63.90
腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)
K610-3 12 3.80 8.20 0.00% 69.40
内シャント設置術
K6335 11 2.40 4.30 0.00% 51.80
ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)
K672-2 11 2.00 6.80 0.00% 71.50
腹腔鏡下胆嚢摘出術
K719-3 - - - - -
腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術
外科で最も件数が多かった手術は腹腔鏡下の鼠径ヘルニア手術です。
上位5件の内3件が腹腔鏡下の手術となっています。

<整形外科>
Kコード 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均年齢
名称
K0461 59 1.60 41.10 20.30% 84.60
骨折観血的手術(大腿)
K0811 21 3.30 42.30 0.00% 81.60
人工骨頭挿入術(股)
K0731 20 2.60 30.40 5.00% 80.10
関節内骨折観血的手術(股)
K0462 17 2.60 17.40 0.00% 71.20
骨折観血的手術(前腕)
K0462 12 3.40 33.90 0.00% 58.90
骨折観血的手術(下腿)
整形外科で最も件数が多かった手術は大腿骨骨折の手術です。
大腿骨や股関節の骨折は高齢者の方に多いため、平均年齢が80歳以上となっております。
転院率が20%と少し高い傾向にあります。

<産婦人科>
Kコード 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均年齢
名称
K9091 26 1.10 1.20 0.00% 34.80
流産手術(妊娠11週までの場合)
K635 25 1.60 2.50 0.00% 72.80
胸水・腹水濾過濃縮再静注法
K877 17 2.40 9.10 0.00% 48.60
子宮全摘術
K867 17 2.00 2.10 0.00% 43.50
子宮頸部(腟部)切除術
K909-2 13 3.20 2.00 0.00% 35.20
子宮内容除去術(不全流産)
産婦人科で最も多かった手術は流産手術(妊娠11週までの場合)です。
次いで、胸水・腹水濾過濃縮再静注法となっております。胸水・腹水濾過濃縮再静注法とは、がんなどによって溜まった腹水(胸水)を取り出し、有用な物質を濾過濃縮し再び体内に戻す治療法です。

<眼科>
Kコード 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均年齢
名称
K2821ロ 154 3.00 2.90 0.00% 74.80
水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)
(その他のもの)
K224 - - - - -
翼状片手術(弁の移植を要するもの)
K2172 - - - - -
眼瞼内反症手術(皮膚切開法)
K2762 - - - - -
網膜光凝固術(その他特殊なもの(一連につき))
K2821イ - - - - -
水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)
(縫着レンズを挿入するもの)
眼科の手術は水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)が大半を占めております。
件数が10件未満の場合は各項目ハイフン(-)で表示しています。
 
7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) 
<ファイルをダウンロード>
DPC 入院契機 症例数 発生率
傷病名
130100 同一 - -
播種性血管内凝固症候群 異なる - -
180010 同一 - -
敗血症 異なる - -
180035 同一 - -
その他の真菌感染症 異なる - -
180040 同一 - -
手術・処置等の合併症 異なる - -
入院契機とは、DPCコードにて分類される入院のきっかけとなった疾患です。「同一」であればその疾患で入院し治療したことを示し、「異なる」であれば、違う疾患で入院し、併発した場合等を示します。
当院で該当する症例がない、もしくは件数が10件未満の場合はハイフン(-)で表示しています。


 
更新履歴
2017/09/21  28年度病院情報公開ページを作成




 

ここからサブメニュー

病院指標(DPC指標)について

  • 病院指標(DPC指標)について

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー