ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

稚内市特定不妊治療費の助成

 稚内市では、特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を行っているご夫婦に対し、治療費の一部を助成します。

●助成の対象となる治療
 不妊治療のうち、体外受精及顕微授精を対象とします。
ただし、夫婦以外の第三者からの精子、卵子、又は胚の提供による不妊治療や、代理母、借り腹による治療は対象となりません。

●助成の対象者
 特定不妊治療を受けている方で、次の全ての条件に該当する方とします。

(1)戸籍法による婚姻の届出を行っていること。
(2)対象者又はその配偶者が、本市の住民基本台帳に記載されていること。
(3)特定不妊治療以外の治療法による妊娠の見込みがない、又は極めて少ないと医師に診断されていること。
(4)北海道特定不妊治療助成事業で北海道知事が指定する医療機関(北海道知事が指定医療機関と見なした医療機関を含む。)で治療を受けた方

●助成の額
 1回の特定不妊治療(指定医療機関の指示により、別の医療機関で行った治療を含む。)につき、指定医療機関に支払った額(入院に係る食事代は除く。)に2分の1を乗じた額とします。
なお、国や他の地方公共団体の助成があるときは、当該助成の額を控除した額に2分の1を乗じた額とします。
 ただし、その額が10万円を超えるときは、10万円を限度とします。

●助成の回数
 年数の制限はなく、6回まで助成します。

●助成の申請方法
 「特定不妊治療費助成申請書(請求書)」(別記第1号様式)に、次の書類を添付し提出してください
(1)特定不妊治療受診等証明書(別記第2号様式)
(2)指定医療機関が発行した領収書
(3)世帯全員の住民票
(4)対象者及びその配偶者の住所が異なる場合は、婚姻の届出を行っていることを証明する書類
(5)その他市長が必要と認めた書類

●提出方法
(1)健康づくり課窓口へ持参
(2)郵送

●様式のダウンロード
特定不妊治療費助成申請書(請求書)(別記第1号様式)PDF80キロバイト
特定不妊治療受診等証明書(別記第2号様式)PDF71キロバイト

●北海道でも特定不妊治療費助成事業を行っています。
詳しくは、北海道のホームページ内保健福祉部子ども未来推進局の「北海道特定不妊治療費助成事業のご案内」をご覧ください。(トップページにリンクしていますので、サイト内検索をご利用してください。)

不育症について

・不育症とは
 
妊娠はするけれども、流産、死産や新生児死亡などを繰り返す場合を「不育症」と呼んでいます。
 一般的には2回連続した流産・死産があれば不育症と診断し、要因を調べます。
 不育症の原因はさまざまですが、特殊な場合を除いて適切な検査と治療を行うことで、
 80%以上の方が赤ちゃんを出産することができると言われています。


 詳しくは下記のホームページに掲載されていますのでご覧ください。

・不育症についてのリンク
 
フイクーラボ (厚生労働省研究班ホームページ)

 http://fuiku.jp/index.html
 北海道結婚・妊娠・出産・育児総合ポータルサイト「ハグクム」
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kms/ninshin/funin.html
 不妊治療情報センター
 http://www.funin.info/search/hospital/pref_1/merit_112
 

・不育症の相談窓口について

不妊専門相談センター(北海道のホームページ)

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kms/homepage/funinchiryou/soudan.htm

お問い合わせ先

生活福祉部健康づくり課
稚内市中央4丁目16番2号
0162-23-4000

メールでの問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからサブメニュー

早引きインデックス

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー